CS1.6とクランの事と日常を書いていきます。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


日記
おととい、中学校の離任式がありました。
12名。12名となると1人や2人、当然、別れを惜しむ人が居る訳です。それに私も当てはまります。

その方は、私の担任だったのですが、とても、性格がおおらかというか・・・良く言えば優しい、悪く言えば鈍感な方でした。

前、この方に、人生とは何かと聞いたんです。
こう答えました。「人生は分からない、分からないからこその人生だ。」と。
聞いた時は意味が分からなくて、「え?何いってんすか先生www」って言ってしまいました。
「まぁ、いずれわかるさ。」と呟いていたのを覚えています。

あの意味が分かりました、本当に分からない人生です。この転勤の様に何があってもおかしくない人生だ、と今はそう語ってくれているかの様に思います。

最初に声を掛けてくれたのがその先生、最後に声を掛けてくれたのも、その先生。

自分は、いつの間にか、「先生」を尊敬していた様です。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。